職種紹介

職種紹介

空調設備工事は多くの職種により成り立っています。
当サイトでは代表的な7つ職種の仕事内容及び特徴について紹介します。
① ダクト技能者、② 配管技能者、③ 保温技能者、④ 冷媒配管技能者、⑤ 計装技能者、⑥ 搬入技能者、⑦ 多能工技能者

アイコンより職種ごとの紹介ページ

空調設備の仕組み

一般的に、室内の温熱環境を調整する方法として冷水を使う方法と冷媒ガスを使う方法の2種類があります。共通しているのは、どちらも金属の配管でできたコイルの内部に冷たい液体やガス化した冷媒を通してコイル配管の表面を冷却し、その間を通過させることで冷たくなった空気を用いて室内を冷房するという手法を取っていることです。なお、暖房の場合は温かいお湯や液化した冷媒を用いて空気を温め、室内を温かくします。

主な部材の役割図解

空調設備内における役割分担

空調設備工事では、建物全体をまんべんなく空調するために、主に次の7種類の役割に分けて工程を組み、工事を行います。


① ダクト工: 空気を運ぶ道筋を作ります。
② 配管工 : 空気を温めたり冷やしたりするために使う水やお湯が通る道筋を作ります。
③ 保温工 : 室内へ運ぶ空気が冷えたりぬるくなったりしないようダクトや配管を保温材で包みます。
④ 冷媒工 : 空気を温めたり冷やしたりするために使う冷媒が通る道筋を作ります。
⑤ 計装工 : 空気や水の温度を測り、設定した温度になるようセンサーを室内の各所に設置し、機械に信号を送ります。
⑥ 搬入工 : 空調するために使う大きな機械などクレーンを使って運んだり、取り付けたりします。
⑦ 多能工 : ダクトや配管を取り付けるための墨出しから、機械が正常に運転するか確認する試運転まで、工事が順調に進むようマルチにサポートします。