多能工技能者紹介

多能工技能者とは

快適な環境に保つためにダクト・配管・計装配管・冷媒配管など、建物へ取り付けるためのインサートや貫通スリーブの墨出し取り付けを行うのが多能工技能者(多能工)の役割です。
多能工技能者の仕事の流れは、次の3つの段階で構成されます。
  ① 図面をもとに部材の数量を拾い、資材業者に依頼します。
 ② 資材業者からの資材を、現場に搬入します。
 ③ インサート・スリーブ等を現場に取り付けます。

多能工

多能工技能者のここを

・インサートやスリーブだけでなく、コンクリート基礎造りや躯体のはつりや貫通部穴埋めを行い、図面通り納められる。
・設備工事(ダクト・配管・保温・搬入)全ての作業をこなすことができる。
・ベテランになると、先の工程を予想して現場担当者や他の職人に手順を提案できる。

※スリーブ 構造体に設備を通すための開口枠
※インサート 構造体に設備を固定するためのボルト穴