搬入技能者紹介

搬入技能者とは

快適な環境に保つための熱源機械や空調機械を建物の取り付ける場所へ運送車輛からの荷を下ろし、運搬搬入して基礎上に設置するのが搬入技能者(重量工)の役割です。
搬入技能者の仕事の流れは、次の3つの段階で構成されます。
  ① 搬入機械の重量や寸法、重心位置を確認する。
  ② 建物の特性に合わせ、搬入導線や揚重機械を手配する。
  ③ 搬入路の整備や吊り鋼材を設置し、機械を搬入し、基礎上に取り付け固定する。

搬入工

搬入技術者のここを

・大きなビルになると、何十トンとなる重量機械があるが、揚重機械を使用して、狭い搬入路や階段であっても安全に搬入できる。
・高所の狭い足場上でも身軽に作業ができる。
・どんな大きな機械でも解体して搬出ができる。